スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
響灘蓋井島にて大鯛
20111112oodai
写真をクリックするともっと大きくなります

23年11月12日(土)
週間つりニュースなどの情報で ヒラマサの釣果が挙がっている蓋井島へ
いつもの春日丸は20人余りの釣り人で4時出港
チーム平政釣鯛(4名)は 今回、水島への上磯を希望し 船長へ相談したところOKとなりました。

吉母港を出て10数分で蓋井の島影に水島と灯台が見えてきます。
すると、水島に光がさしました。別の船のライトから照らされた光です。
水島に釣り人が上がっている様子が見えます。
春日丸から自分たちチーム4名と 黒潮丸でカゴ釣り2名、ジグ釣り2名の計8名での水島での釣りになりました。

釣り場は本島向きで、潮が右から左へ流れ出ています。
5時前、仕掛けをセットし準備万端
自分たちは3名が本島向きに 1名が吉母向きに。

数投後、U山さんが小鯛を釣り、自分にも小鯛。
しがらくして(まだ暗い時間)黒潮丸からの釣り人に大物がヒット
60cmオーバーの真鯛を釣られたので、皆も気合いを入れて頑張る

明るくなった6時すぎ
自分にも大物がヒット
71㎝ 4.7キロの真鯛
自分の記録更新です
さすが、ヒラマサ天剛の釣竿
強い引きにも耐え、無事釣り上げました。
(春日丸HPの釣果レポートにたぶん載るかな)

その後、釣れるのは20~30㎝のクロ、サンバソウ、小鯛、40cm程のバリ 全部で10尾
これぞ、入れ食い状態で楽しい釣り
釣りが飽きることはありませんが・・
本命青物ヒラマサの気配もなく・・
ワカナさえも釣れない状況でした。
71㎝の大鯛を釣ったし、釣果に不満はないのですが・・
目的のヒラマサに会えなかった事が不満です。
その他の釣り人にもヒラマサの釣果情報は聞きませんでした
今年の回遊が少ないのだろうか?

先週のヒラマサ
今回の大鯛
ちょっと気分良くして
次回の釣行は何処行こう?
スポンサーサイト
2011/11/14 20:30 | 蓋井島 | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
久しぶりの更新と釣果
2009年9月21日 浜田 しゃっくり波止

20090921

2009年10月31日 蓋井島

20091031

ご訪問者の方々へ

ブログの更新もままならぬ状態で申し訳ありません。
たま~に、竿を出しておりましたが、釣果もふるわず・・
体調もよろしくなく、少しお休みしておりました。
無理しない範囲に、ぼちぼち更新することにします。
気長に見てやってください。


10月31日 蓋井島 釣行 の記事

いつもの春日丸で4時出港 客は20数人と多く乗っておられた。
○○磯に上がる予定でしたが・・
風が強いため、東側の○○磯へ上がりました。
今日は水島の常連さんもおられませんでしたが、
水島へ4~5名 その後、威勢方面へ、北側へ多くの方が下りられ
その後、我々は赤岩方面にて、3名で磯に上がりました。
底カゴ仕掛けで、ケミホタルを装着して準備OK!
ここは数年前、大鯛をあげた仲間がいるので、そのポイントをめがけて3名が投入
波は朝方より風が強くなる8時ごろまでは低く、その後、風が強くなるとともに波も高くなりました。
朝方は潮と風と同じでしたが、その後、風と潮が反対となり
まきえさと仕掛けが離れていく不利な状況でしたが
ヤズは文句なくハリの入ったオキアミを食ってくれた。
3名とも10~30尾の入れ食い(1091)となりました。
目的のヒラマサ・真鯛の気配はまったくありませんでした。
ヤズで釣りの気分を満足させてくれました。
次回はヒラマサ・真鯛狙いで磯を選びたいと思います。(難問)
2009/11/01 15:06 | 蓋井島 | コメント(5) | Trackback(0) | pagetop↑
楽しいボウズ
2009年2月28日(土)晴れ

ヒラマサは無理でも鯛の数匹位なら・・と蓋井島へ
天候の良好な予報と鯛の数釣り情報を得て意気込む
メンバーに声を掛けたが、それぞれ皆、年度末で忙しかったり
春に向けての農作業もあり、同行者が居ない
唯一、年金生活の暇なU山さんと、お気軽な能天気な自分と2名での釣行!

天気予報的には良い方向なので、水島を考えましたが
少しの勇気が出せなくて、本島方向へとなりました。
春日丸はフタオイ港へ入り、1名波止場へ、その後西側からイセ等々へ下ろし
東へ廻り、角ヶ崎の2番へ上がりました。
船長より、最近定置網にブリが入っている、10キロ以上のブリが当たる可能性が・
少し期待してハリスは8号
真鯛を狙って、ケミを付け、底カゴ仕掛けで始めました
何も当たらないまま明るくなりタルカゴ仕掛けに変更
深さはハリスの長さのみから、ハリからカゴまで棒1本半の深さまで探りました
エサ取りは底カゴ仕掛けで、ギザミ?1匹
釣果は二人でギザミ2匹

久しぶりの釣行で本気で投げた結果に二人とも「がっかり」
港に帰ってから釣果写真を撮るために出てくる真鯛の数々
大きいので70cmサイズ、小さいので30cm、皆様すばらしい釣果です。
U山さんが船長に「久しぶりですね」と声を掛けられ
「ええ、今年始めて」と返事
船長「腕が錆びてるんじゃない?」
と、チャカされ、またまた「がっかり」
2009/03/01 12:10 | 蓋井島 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
2009年初釣り
あけましておめでとうございます
ヒラマサ・大鯛が釣れますように!!
本年もよろしくお願いします。

2009年1月3日

蓋井島が2回目の名古屋在住の Iさんと 自称蓋井ベテランのGさんと偶然乗り場で出会い
意気投合し、同じ磯に上がることになった。
波が低ければ水島へと希望し、3人水島の釣りを語りながら春日丸は出港したのですが
波の高いうねりの強い今日の海。
春日丸は水島を相手にせず、本島へ・・・・・残念

時間調整のためか 赤岩の沖で止まり、ゆらゆらしている間に
気分が悪くなり船酔いが始まりました。。。。。
Gさんがたまらず、どこでも良いから至急丘(磯)に上げて欲しいと船長に交渉し、
一番にへ上がることになった。
5時ごろ、無事、に上がったものの、波はかなり高く厳しい瀬上がりでした。
気分悪いままの磯上がり、釣る気になれず、小雨の中少し休憩です。

Gさん Iさんは支度を始め、Gさん底カゴ仕掛け Iさんフカセ仕掛けで真鯛狙いです。
私は船酔いを覚ますため、寝転んでウキを見ていました。
6時半すぎ、Gさんに当たり 
「玉網いりますか?」
「ウン、いるいる」
「大きいですか?」
「イヤ、40~50cmの鯛ですよ」
玉ですくって上げて びっくり 72cmの大鯛でした。
本人(Gさん)大満足です。

その後、その大鯛の連れ合いを釣ってやろうと慌てて支度仕掛けを作り戦う体制です。
そして、Iさんに2回当たり、姿を身れずのバラシ
青物か大鯛か一回はハリはずれ、一回はハリが折れてました。
その様子は写真におさめるほどの長さでした。
210103c


私はワカナ(ヤズ)とコビラの2匹
11:30頃バラシ1発
それはハリスがもつれたので6号で作り直して一投目でした。
強い引きで竿を立てることが出来ずハリス切れでした。
スプールのドラッグ調整もするまもなく、魚の勝ちでした。

その後 Iさんにチヌ45cmが当たり3人ともにお土産が出来ました。
バラシのお話もお土産になりましたとさ。

本日が私たちは初釣りで春日丸とも初出となり
帰港後、おでんの提供もあり、めでたい初釣りとなりました。

210103a
ヒラマサとブリの違いは微妙です
『平政釣鯛』ホームページの釣り情報箱に載せています
http://www2.plala.or.jp/hiramasaturitai/sakanabox.htm
上顎後端の上角部が丸くなっていればヒラマサ、角張っていればブリです。
上がヒラマサ・下がブリ(ヤズ)
2009/01/04 20:50 | 蓋井島 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
凪を狙っての蓋井釣行
2008年10月17日(金) 蓋井島

20081017

春日丸のHPの釣果写真にヒラマサが上がっている写真が数件あり、ヒラマサ狙いの釣行となった。
3時過ぎに港に到着し着替えしたり準備してしると宇部のGさんに声を掛けてもらった。
久しぶりに出会い相談の結果、一緒の磯におりるように決まった。

夜が明けるまでに鯛を狙おうと、底カゴ・棒ウキ・タナ2本文・ハリス7号・3ヒロの仕掛けにケミホタルを付け本島に向いて左側に30mほど投げる。左方向に流してかなり沖でケミが入る。
チヌ42cm程だった。
2投目 真鯛 34cm
3投目 真鯛 35cm
と、入れ食い、その後数投当りがなかった。
ナブラが左沖で発生、青物の回遊と思いウキ下を1本迄浅くし投入、
ナブラの中でウキが入り

久しぶりに大物の引き
でも青物の特有の左右への引きはなく、底へ底へと引く。
タマ入れをしてくれたU山さんが 「赤い魚でー」と叫ぶ。
真鯛でした。
魚の入ったタマ網を受け取り、針をはずそうとハリスを見た所、針は折れて口元に出ていました。
タマ網に入ってから、くやしさいっぱいに噛み切ったのでしょうか?
すぐに測ってみると65cm、3,2キロのメスでした。
20081017a
その後、タルウキにして投げ続けるも、青物の当たりはなく
釣れたのはウマズラハゲ1匹、投入したウキの廻りはハゴイタ、ウスバハゲがたくさん集まってきます。
ハゴイタはハリス4mのハリにはかかりませんでした。

今回の釣行で昨年より作り始めたタルウキ2個を道糸切れで飛んでいってしまいました。
一年がかりで作ったのに~~~残念です。
爆笑
2008/10/21 16:07 | 蓋井島 | コメント(3) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。