スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
凪を狙っての蓋井釣行
2008年10月17日(金) 蓋井島

20081017

春日丸のHPの釣果写真にヒラマサが上がっている写真が数件あり、ヒラマサ狙いの釣行となった。
3時過ぎに港に到着し着替えしたり準備してしると宇部のGさんに声を掛けてもらった。
久しぶりに出会い相談の結果、一緒の磯におりるように決まった。

夜が明けるまでに鯛を狙おうと、底カゴ・棒ウキ・タナ2本文・ハリス7号・3ヒロの仕掛けにケミホタルを付け本島に向いて左側に30mほど投げる。左方向に流してかなり沖でケミが入る。
チヌ42cm程だった。
2投目 真鯛 34cm
3投目 真鯛 35cm
と、入れ食い、その後数投当りがなかった。
ナブラが左沖で発生、青物の回遊と思いウキ下を1本迄浅くし投入、
ナブラの中でウキが入り

久しぶりに大物の引き
でも青物の特有の左右への引きはなく、底へ底へと引く。
タマ入れをしてくれたU山さんが 「赤い魚でー」と叫ぶ。
真鯛でした。
魚の入ったタマ網を受け取り、針をはずそうとハリスを見た所、針は折れて口元に出ていました。
タマ網に入ってから、くやしさいっぱいに噛み切ったのでしょうか?
すぐに測ってみると65cm、3,2キロのメスでした。
20081017a
その後、タルウキにして投げ続けるも、青物の当たりはなく
釣れたのはウマズラハゲ1匹、投入したウキの廻りはハゴイタ、ウスバハゲがたくさん集まってきます。
ハゴイタはハリス4mのハリにはかかりませんでした。

今回の釣行で昨年より作り始めたタルウキ2個を道糸切れで飛んでいってしまいました。
一年がかりで作ったのに~~~残念です。
爆笑
スポンサーサイト
2008/10/21 16:07 | 蓋井島 | コメント(3) | Trackback(0) | pagetop↑
80cmのヒラマサ
2008年10月13日(月・体育の日)

なんと1年3ヶ月ぶりの須佐、宗幸丸での磯釣り

20081013

宗幸丸より10/11ヒラマサ60cm2匹の釣果写真を受け取り須佐へ。
久しぶりのヒラマサ狙いの釣行に出かける。

5:30出港に、2時半に起きて、4時すぎに港へ到着。
6時にはタルウキ仕掛けで、軍艦に立っていました。
船長によると最近良くヒラマサが当たってくるポイントとのこと。

7時頃までタルウキで近くを攻めましたが、反応がない
ボウズ逃れの底カゴ仕掛けを出し、小鯛20cmを2匹
このサイズでも数匹釣って満足するかな~?と思っていたが
2匹で終わり、潮が左沖に出ていたのが止まる。
反対に右に流れたら良いのに・・
手前に押してくる潮になり、休憩した。
マキエサの消化が早く、タルウキを止め、
底カゴ仕掛けを2本出し、手返しを繰り返すが、青物の反応はない。
      終了!

14:30船に乗り込むと 大ヒラマサ
クーラーに入りきらず尾っぽが出ているのを発見!!
西側の磯でアジで釣ったとのこと。

20081013a


【船長談】
これからはヒラマサが内側の磯で当たるようになるでしょう。例年の事。
2008/10/14 15:51 | 須佐 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。