スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
2007年11月3日蓋井島
11/3 『好きになった蓋井島へ』

11/1の予約時は4名→11/3には2名となる
秋の多忙な時期です。

上がった磯は計らずも、前回と同じ、赤碕のスベリ
akaiwanosuberi


チーム平政釣鯛2名(自分とU山さん)と下関の方1名の3名で上磯。
挨拶後仕掛けを作りながら、前回、ここで大鯛を取った等等の話をしました。
今回は始めから上カゴの仕掛けですが、下関の方だけ、鯛狙いとのことで底カゴ仕掛けです。
まだ、暗い6時より、下関の方は立て続けに底カゴでヒラマサを3本釣られ、参りました。
蓋井島常連のこの方より、情報収集。
潮の事、マキエサの量、など色々考えることを発見。
次回には釣果が得られる様にしたい。
スポンサーサイト
2007/11/03 20:52 | 蓋井島 | コメント(5) | Trackback(0) | pagetop↑
<<水島初挑戦 | ホーム | 2007年10月23日(火)蓋井島釣行>>
コメント
結果として、3日は坊主でしたか。
その日は風が大きかったのではありませんでしたが。実は拙者は翌日の日曜日の4時便で行きましたよ。案外釣り人は少なく、12名程度?しか船に乗っていませんでした。もっともよいポイントとされる水島に上がり、夜明けまで底カゴで鯛をねらいましたが、同礁の5名を含め、全員空振りN振でした。電気ウキはいらない明るさになると、上カゴのみんなは次から次へヒラをあげてきました。私もルア形式で仕掛けを滑らせると、ヤズをつれました。しかしその後は馬面の海となり、つけえだけではなく、ハリスまですぐ交換しなければならない状況に変わりました。
仕掛けをクロ釣りにして、2投目で、いきなり竿が引かれるようになりました。どうしでも竿が立てられないので、レバーブレーキを使って糸を出しばなしになりました。。数分後、満月だった竿は真直にもどり、痛恨のばらしでした。沖へ逃げる大物とは3KG以上のヒラでしょう!
サンバソウが多く、13時撤収する直前、もう一匹ヤズを釣れ、残念な気持ちで船に乗りました。
尾長我欲 * URL [編集]2007/11/07 12:22
水島にあがることが出来たのは幸運でしたね。
金曜日に再挑戦するつもりですが、水島が良さそうですね。
釣り方・場所等についてアドバイスしただけたら幸せです。
平政釣鯛 * URL [編集]2007/11/07 21:36
師匠、ヒラマサをあげたことのないわたくしに釣り方を求めるなんでとんでもないことですよ。
蓋井島には10数回いきましたが、大物をつれたことはありません。今時期ひらをつるなら、6時ー7時の間は上かごで勝負!と近頃回りの釣り人の成果からわかりました。次回はやはり須佐へいきましょうか。
尾長我欲 * URL [編集]2007/11/08 21:55
そうか。水島のポイントですか。
ベストポイントとして、滅多にしかあがりませんけど、前回も初めてでしたよ。
ポイントとしては蓋井島へ向かう方面です。しかし、夜中は沈み瀬はわからないでしょうし、まずは船の着き場の反対側ならよいです。
とても低い瀬がもっともよいのです。
鯛なら遠投のさお2-3本程度、ひらなら遠投しなくても15メートル先にたな5メートル。
と思います。
尾長我欲 * URL [編集]2007/11/08 22:00
尾長様
アドバイスを参考に明朝釣ってまいります。e-242
平政釣鯛 * URL [編集]2007/11/08 22:33
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hiramasaturitai.blog34.fc2.com/tb.php/49-4cb02489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。