スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
敗因の訳
2008年2月11日 蓋井島、源蔵の鼻

チーム平政釣鯛メンバーK君・U山さん・H川さん・自分の計4名での春日丸乗船

*磯の選択
潮の具合と気分で『源蔵の鼻』希望者が多く、皆が承諾した。

*水島の選択とその判断
上船する前に四ッ瀬・高島と釣行に同行したGさんに会った。
懐かしく色々話をした後、「一緒に上がりましょうか?」となったが
Gさんは水島に朝一で上がり、その後フカセで本島に上がるとのこと。
カゴ釣りが専門の私たちは同行を断った。
船が出港して、しばらく後、船長より「水島希望者は準備を」とのマイクで案内があった。
Gさんに問うと「自分一人」とのこと。
皆と相談すると「水島OK」の回答
船長に伝え、水島に上がる準備をする。
そして、水島に着
船よりサーチライトで照らしてみると波が高い、少し危険を感じ船長に相談する。
「無理はしないでください」と言われた。
又、他のお客から「今一番潮が低い時間なのに、これから潮がますます上がる」
と、話をされ、皆怖じ気つき船長に断り、Gさんのみ水島へ渡った。
我々は源蔵の鼻に予定通り上がることになった。

源蔵の鼻に上がり、10投目頃、H川さんが道糸を切られる当たり、
H川さんはPEの糸が弱っていて切られた。
鯛が引いたのではとH川さんの感覚です。
そして、8時頃、船長が「水島に変わりませんか」と声を掛けてくれるが皆ここで頑張る。

*瀬変わりはしない事に
9時前、あまりにも当たりがないのでGさんに水島の様子をTELで問う。
「自分は大きいヒラマサが掛かり、10号はリスを切って逃げた。真鯛が入れ食いになり、他船の2名とも数匹ずつ釣ったとのこと。
9時過ぎに瀬変わりすることを皆に伝え、船長にTELすると「なんとかやりましょう」と返事あり。
9:30頃、船が来て乗り込むと
K君の知人河村さんが半夜便(9:00)に乗っておられ、マタマタ話がはずみました。
源蔵の様子を話すと大崎に上がるよう勧められ大崎へと上がる。
全員、大崎は経験済みで、それぞれ釣り始める。
が、何も・・誰も・・釣れない・・

*針のエサのこと
私の遠投を見ていたK君が「針から差しえさが飛んで落ちている」と言う。

そういえば、蓋井島に来るようになってから、ハリスを短くし、カゴの針掛けを使わなくなっていた。
その為、ハリスに初期スピードの加重が掛かりエサがハズレたのだ。
又、K君と一緒の時は遠投と競い合いとなり益々エサが飛んでいたのだ!
釣れないはずです!!

これで原因がわかり、そのことを意識して釣り始めたら
早速、真鯛の当たり 37cm程の真鯛が食って来ました。
本日初の釣果です。
20080212

皆が釣れてない中、自分に釣れて、とても嬉しかった。
ウキが入り、あわせて魚を感じた時はバリ太郎か何かなと思った。
ヒラマサが当たらないとき、ウキを入れるのはバリが多いから。
でも、引きが明らかに違い真鯛を感じさせた。

*次回の釣行について
船を待つ間、帰りの車の中で次回釣行2/16について話題が・・・・・・
H川さんが須佐、松島でイカ釣りを 又真鯛を と希望
K君もU山さんとも賛同の様子
次回は「須佐で男命イカを一年分200パイ位釣ってやる」との意気込みでした。
来週、イカの貢物が楽しみです。

スポンサーサイト
2008/02/13 23:48 | 蓋井島 | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
<<ヒラマサよ、お前は白状だな | ホーム | 久しぶりの高島>>
コメント
久し振りにお会いできまして、大変うれしかったです。水島のマダイ1091を経験しまして(とは言っても25CM2枚の子供鯛でしたが)、本島へフカセ釣りにいきましたが、バリとボラだけを釣れました。やはり潮がわるかったのでしょうか。
これからの季節は寒ちぬしか釣れないでしょうが、またいつか逢う日に。。。
GO * URL [編集]2008/02/14 15:35
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hiramasaturitai.blog34.fc2.com/tb.php/56-d17f69ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。