スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
男たちの大和
今日は初釣り~と喜び勇んで須佐へ
撃沈!!またまた出航できませんでした。
初釣りは いつになるのやら~

宗像沖ノ島に予約を入れていたものの、仲間が減っていき、女房が単独釣行には賛成してくれないので、あえなく、どっか行きたいと思っていたところ、宗幸丸より前日出航予定との連絡を受け港まで行ったのだが、須佐へ着くと何故か風が強まってきた。

家で意気消沈していたが、「映画でも行くか」と、女房サービス
男たちの大和を観に行った。
戦争の悲惨さを売り物にするのかと見入ったが、それだけではなく、戦艦大和の乗組員たちがどんな想いで立ち向かったのか、それぞれの生き様での戦争という出来事の受け入れ方など、見手側に考えさせられるものがあった。戦闘のシーンは迫力有り、見ごたえあった。以外にも悲しみの涙だけでなく、悔し涙も見手側を誘うものがあった。思いのほか泣けます。



スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2006/02/12 20:49 | 日記06年 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<2006年4月7日(金)高島 | ホーム | 萩の明神池でストレス解消?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hiramasaturitai.blog34.fc2.com/tb.php/8-5fb2c99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。